様々な睡眠障害

たくさんの薬

ルネスタのような睡眠導入剤を服用する際、自分の眠れない症状に応じて服用する薬を変える必要があります。
ルネスタ効果でゆっくりと眠れるようになるタイプの睡眠障害もあれば、ルネスタを飲んでも効果がない物など、複数種の症状がある為、症状のタイプに合わせて服用するようにしましょう。

ルネスタを服用することでゆっくりと眠れるようになる睡眠障害として、入眠障害という物があります。
これは俗にいう「寝つきが悪い」という症状が特徴で、寝ようと思って布団やベッドに入っても全く眠れず、眠気がやって来るまでに長い時間が必要になる症状があります。
このような症状の場合、薬の効果が非常に短いルネスタを服用することによって眠りやすくなる為、ルネスタ効果に期待できます。
そして入眠障害とはまた違うタイプの睡眠障害に中途覚醒という物があります。
これは眠ることはできるけれども、夜に何度も目を覚ましてしまう、睡眠途中で意識が覚醒してしまうという特徴があります。
このような症状の場合、眠ること自体は出来るけれども途中で目を覚ましてしまう為、ルネスタのような超短期型の薬ではなく、長時間効果が持続するタイプの睡眠導入剤が必要になります。
そして他の睡眠障害と違い、眠り過ぎてしまう、寝ても眠気が取れないという症状の物も存在しています。
それはナルコレプシーと呼ばれる症状で、発作的に眠気が出てしまい突然居眠りをしてしまう、急に体の力が抜けてしまうなどの症状が特徴で、このタイプの症状には睡眠導入剤ではなく、日中に意識を覚醒させる為の薬が必要になります。

自分のタイプに応じた薬を使用することで初めて効果を発揮するのが睡眠導入剤です、どれでもいいから何か飲む、というのではなく、自分のタイプに応じて薬の種類を変えて服用しましょう。