徐々に効いてきます

手のひらの薬

ルネスタのような睡眠導入剤は服用した瞬間効果が現れるのではなく、体内に入ってから徐々に効果が現れ始め、徐々に効果が薄れていくという特徴があります。
その際、一番効果が強くなる時間を「最高血中濃度到達時間」と言い、効果が無くなる時間を「半減期」という良い方をするのですが、睡眠導入剤を選ぶ場合はこの二つの時間を考慮して選ぶ必要があります。

ルネスタ効果の特徴は「最高血中濃度到達時間が早く訪れ、半減期も早く訪れる」という物です。
その為、なかなか寝付けない「入眠障害」という症状が現れている際に服用することで寝つきを良くし、更に眠っている間に効果が切れる為、起きるときもスッキリ起きることが出来るのです。
もしもルネスタと真逆の「最高血中濃度到達時間が遅く訪れ、半減期に到達するまでの時間も遅い」というタイプの導入剤を服用した場合、寝つきも悪いままですし、一度眠ってしまうと薬がなかなか切れない為、起きる事が出来なくなってしまうのです。
その為、このような薬は眠ることはできるけれども夜に何度も起きてしまうタイプの睡眠障害である「中途覚醒」という症状の治療を行う際に服用することで、眠っている間に徐々に薬が効き始め、途中で起きてしまうことなく確実に朝を迎えることが出来るのです。

自分の症状に応じて薬を変える必要がある為、自分の症状の場合はどのような薬を服用すればよいのかがわからない、という人も多くいると思います。
なので、睡眠導入剤を購入する際は自分の判断で薬を選ぶのではなく、睡眠外来と呼ばれる睡眠に関する専門のクリニックに行き、どのような薬を服用すれば良いのかを調べてもらうようにしましょう。